神戸市北区、神戸市西区、宝塚市の外壁塗装・屋根塗装ならプロタイムズ有馬店におまかせください!

付帯部分について

”神戸市北区・神戸市西区・西宮市・宝塚市で外壁塗装・屋根塗装ならプロタイムズ有馬店 株式会社楪へお任せください”

 

皆様こんにちは。プロタイムズ有馬店 株式会社楪です。

本日は、お家の付帯部分についてお話ししたいと思います。

弊社の施工事例でもよく出てくる付帯部分というワード。「そもそも、付帯部が何なのかよくわからない」という方も少なくないでしょう。
付帯部とは、雨樋・幕板・雨戸・戸袋・笠木などのことです。

一般的に、外壁を塗装するタイミングで付帯部も(塗装を必要としている付帯部については)一緒に塗装をします。
もしかすると、「外壁塗装と一緒にしなくても…」「付帯部の塗装が必要になった時に、付帯部だけ塗装すれば良いのでは?」などと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、付帯部塗装は外壁塗装と一緒に行なうのが現実的です。その理由は大きく分けて3つあります。

①外壁塗装と付帯部分塗装を別のタイミングで行うと、余計に費用がかかる可能性が大きい

②外壁だけ綺麗に塗装すると付帯部の痛みや汚れが悪目立ちする

③付帯部を改めて塗装しようと思う人は稀!

付帯部は、塗装をせずに放置することで、その性能を十分に発揮しなくなるだけでなく、雨漏りを発生させる原因となってしまうこともあります。

外装塗装と一緒に塗装すべき付帯部をご説明します!

雨樋

外壁がキレイになると、外壁を縦断している雨樋の傷みや汚れはより悪目立ちすることになるため、多くの場合(雨樋に傷みや汚れが生じている場合)、外壁の塗装をするタイミングで雨樋も塗装します。塗装をすることで、雨樋の耐久性を高める効果も期待できます。

ただし、ひび割れや欠損が生じているなど劣化が大きく進行している場合には、塗装では補修しきれないため、雨樋の部分交換等を行なうことになります。

幕板

ひび割れや劣化が進行すると、住まい内部への雨水の侵入を許してしまうリスクが高まります。
その為、劣化が主おじている場合は外壁と同じタイミングで塗装をするのが一般的です。

軒天

軒天にひび割れや塗膜の膨れ・はがれ、カビ・藻の発生などの劣化が生じている場合、通常、外壁と同タイミングで塗装をして補修します。ちなみに軒天の塗装をする場合は、屋根も同タイミングで塗装するケースがほとんどです。

劣化症状の中でも、シミが発生している場合は、塗装では補修しきれないことが少なくありません。
仮に雨漏りが原因でシミが生じているとすると、塗装ではなく、軒天や破風などの張り替えを行なうことになります

破風・鼻隠し

外壁とあわせて屋根も塗装する場合、破風・鼻隠しも一緒に塗装をするのが一般的です。
破風や鼻隠しは住まい(屋根)の先端部にあるため、太陽光や雨風などの外部環境の影響を受けやすく、ひび割れや塗膜の膨れ・はがれなどの劣化が進行しやすい傾向にあります。劣化が大きく進行すると、雨水が住まい内部へ浸入してしまうリスクが高まるため、多くの場合、外壁塗装・屋根塗装をするタイミングで破風・鼻隠しも塗装をして補修をします。

その他にも、雨戸・戸袋・シャッター・エアコンのダクトカバー・水切り・ドアなども一緒に塗装することがあります。

お家の塗装は一生の内に数回あるかないかですよね。だからこそ分からないこと、ご不安なこと、たくさんあると思います。
お悩みを少しでも解決に導けるよう、毎日励んでいます!
お困りのことございましたら、お気軽にご相談ください。

人気記事

お問い合わせはお気軽に!
ご都合にあわせてお問い合わせ方法をお選びください。

メールの方はこちら
お問い合わせ
  • 無料イベントお申し込み
  • お問い合わせ・無料お見積もり
to top