神戸市北区、神戸市西区、宝塚市の外壁塗装・屋根塗装ならプロタイムズ有馬店におまかせください!

スタッフブログ ゆずログ

屋根塗装に縁切りが必要な理由とは?どのようなリスクが起こるのかについて解説!

屋根塗装をする際に欠かせない作業をご存じですか?
それは、瓦の「縁切り」というものです。
今回はこの縁切りについての説明と、作業の必要性、行わないことによってどのようなリスクがあるのかについて解説します。

□縁切りとは、一体どのような作業なのか?

ローラーを用いてストレート瓦の屋根を塗装した際に、瓦同士の重ね目にも塗料が入り込み、その塗膜が乾くことで重ね目が塞がってしまうことがあります。
縁切りとはここで、塞がっている重ね目の塗膜を断ち切り、水の通り道を作る作業のことです。

皆さんの家の屋根は縁切りされていますか?
あまり聞き馴染みのない言葉かもしれませんが、実はとても重要な工程なのです。

雨水がストレート瓦の重ね目の間の隙間を流れ、屋根の内部に溜まらないのが正常な状態です。
しかし、乾燥した塗料でその隙間が塞がっている場合、屋根の内部に雨水が溜まってしまい、雨漏りなどを引き起こす場合があります。
雨漏りは、気づいたときには重症化していることが多い住宅トラブルです。
縁切りは重ね目を塞いでいる塗膜を一つ一つ切る必要があるため、非常に手間のかかる作業ですが、重要な工程なのです。

□縁切りを行わないことによるリスクは?

縁切りを行わないと、どのようなリスクがあるのでしょうか。
先程は、雨漏りの危険性について紹介しましたが、ここではその他のリスクについても解説します。

一つ目は、屋根材下部にある下地を腐食させてしまうリスクです。
屋根の下には、通常防水シートが敷いてあり下地材の腐食を防いでいます。
しかし、長時間雨水を受け続けると、この防水シートと下地材の防水力が失われ、屋根内部に水分が到達してしまう恐れがあります。

二つ目は、屋根の通気性が弱くなるリスクです。
縁切りには屋根の通気性を確保する役割もあります。
この通気性が失われると、湿気や水分がこもり腐食を加速させる原因になってしまいます。
ストレート瓦の屋根を塗装した場合、縁切りを行わなければ、重大なトラブルを招く可能性があります。

このように、縁切りは屋根だけを限定して保護する作業ではなく、家全体を守る重要な作業なのです。

□まとめ

今回は、屋根塗装において縁切りの作業が必要である理由と、行わないことによりどのようなリスクがあるのかについて解説しました。
雨漏りなどの劣化症状は気づかないうちに進行していることがあります。
放置していると、重大なトラブルを引き起こしかねないため、早めの対処を心掛けるようにしましょう。

人気記事

お問い合わせはお気軽に!
ご都合にあわせてお問い合わせ方法をお選びください。

メールの方はこちら