神戸市北区、神戸市西区、宝塚市の外壁塗装・屋根塗装ならプロタイムズ有馬店におまかせください!

スタッフブログ ゆずログ

屋根塗装の時期はいつ?屋根が劣化するサインもご紹介!

屋根塗装は、どの時期にできるか知らない方も多いのではないでしょうか。
今回は、屋根塗装をする時期の目安についてと、屋根塗装のタイミングを知るサインについて紹介します。
屋根塗装をお考えの方は、是非参考にしてみてください。

□屋根塗装をする時期の目安とは?

結論から言うと、屋根塗装の時期の目安は築10年目です。
また、屋根材は、種類によって耐用年数が変わってきます。

スレート瓦の場合、耐用年数が20年から25年になります。
セメント瓦の場合、耐用年数は30年から40年になります。
金属屋根の場合、耐用年数は、30年から60年になります。

このように、屋根材によって耐用年数は様々で、耐用年数の前には塗装が必要になってきます。
屋根材を綺麗に保つには、築10年目に屋根材を塗装するのがいいですね。
また、外壁の塗装と違い、屋根塗装は雨風や紫外線の影響を受けやすいため、耐久性が高いシリコン塗料を塗っても、8年程しか持たない場合があります。

そのため、2回目の屋根塗装をする際は、早めに塗装をするといいでしょう。
屋根は、外壁と比べ劣化が早く、見えにくい場所にあるので、気付いた時には、損害になっていることがあります。
そうならないためにも、定期的なメンテナンスや補修が必要です。

□屋根塗装のタイミングを知る方法をご紹介!

屋根塗装のタイミングを知る方法は大きく分けて5つあります。

*屋根の割れやヒビが入っている

1つ目は、屋根に割れやヒビが入っていることです。
屋根材も時間が経つと、塗膜の保護機能が弱まって、雨や外気の影響を受けやすくなります。
そうなると、屋根材は劣化し、屋根に割れやヒビが入ることになります。
また、地震による衝撃や、車の走行による振動の衝撃によってヒビが入る場合もあります。

屋根材の中でも、特に割れやすい種類は、スレート、粘土瓦、セメント瓦となっています。
少しの割れやヒビにより、部屋の中に雨水が入る場合もあるので、早急に対応する必要があります。

*雨漏り

2つ目は、雨漏りです。
金属屋根が錆びてしまうと、雨が入ってくる場合があります。
金属屋根は錆びると、赤や茶色に変色するので、屋根を見ればすぐに分かります。
また、錆が進行すると、屋根に穴が空いてしまう恐れがあります。

放置すると錆が広がるので、早急に対応する必要があります。
金属屋根の他にも、雨水により塗膜が侵されると、素材に浸透し、雨漏りの原因になります。
放置してしまうと、悪化するだけなので、雨漏りになった場合は、早急に対応するようにしましょう。

*カビやコケが出ている

3つ目は、カビやコケが出ていることです。
屋根が緑色に変色していたら、コケやカビが発生している場合があります。


湿気が多く、太陽の光が当たらないことで発生することが多いですが、塗膜が劣化し起きる場合もあります。
屋根材の中でも、特にコケやカビが生えやすい種類は、粘土瓦やアスファルトシングルなどです。

放置していると、屋根の劣化が進むので早めに対処する必要があります。

*屋根の変色や塗膜の剥がれ

4つ目は、屋根の変色や塗膜の剥がれです。
屋根の色が変わっていたり、色にムラが出ていた場合は、塗膜が劣化していることを表しているので、塗り替える必要があります。
また、塗膜の剥がれを視認できれば、塗膜が劣化している証拠です。

屋根材の保護機能が無くなり、雨や外気の影響を受けやすくなります。
緊急性はないので、すぐに塗り替える必要はないですが、放置すると悪化し、雨漏りや屋根材の飛散を引き起こす場合があるので、塗り替えは行いましょう。

*屋根材が破損している

外的なものにより、ダメージを受けて屋根材が破損する場合があります。
また、屋根の割れやヒビと同様、地震の衝撃で破損する場合もあります。
屋根材の中でも、特に破損しやすい種類は、スレートや、トタンなどです。
屋根材が破損すると、雨漏りや、屋根材の滑落に繋がるので、早急に対応する必要があります。

□屋根塗装は1年中できる

屋根塗装は、湿度が85パーセント未満で、気温が5度以上の環境であるとできる場合が多いです。
この条件を満たしていれば、1年中屋根塗装を行えます。
特に、春や秋は気候が安定している為、塗装を行いやすいです。
夏と冬でも屋根塗装を行うことはできますが、時間に注意する必要があります。

夏は、梅雨の影響を受ける場合があるので、注意しましょう。
冬は、時間帯によって、朝露や夜露の影響で屋根が濡れた状態になります。
濡れた状態では、塗装を行えないので、屋根が乾いてから作業を行うことになります。

□まとめ

屋根塗装をする時期は、築10年目が目安です。
屋根塗装のタイミングは、屋根に割れやヒビが入っていたり、雨漏りやカビやコケが生えていたり、屋根が変色している場合は行うといいでしょう。
また、屋根塗装は条件を満たしていれば、1年中行えます。
屋根塗装をお考えの方は、是非当社にご相談ください。

人気記事

お問い合わせはお気軽に!
ご都合にあわせてお問い合わせ方法をお選びください。

メールの方はこちら