神戸市北区、神戸市西区、宝塚市の外壁塗装・屋根塗装ならプロタイムズ有馬店におまかせください!

スタッフブログ ゆずログ

外壁塗装を行うタイミングはいつ?塗装と季節の相性についてもご紹介します!

外壁塗装を行うタイミングは、いつがいいのか知らない方も多いのではないでしょうか。
適切なタイミングで行わないと、住宅の劣化につながります。
今回は、外壁塗装を行うタイミングと、塗装の時期を短くしないようにする方法、塗装と季節の相性について紹介していきます。
是非参考にしてみてください。

□外壁塗装を行うタイミング

日本の住宅の平均寿命は、30年と言われています。
ちなみに、アメリカはこの3倍もあります。
日本が、海外に比べて住宅の平均寿命が短い原因は、気候にあります。
日本は気温が高く、湿度も高いので、元々の住宅は、石の上に土台を乗せるような構造になっていました。

今の日本の住宅は、コンクリートを基礎に建てるようになったので、風通しが悪くなり、住宅に使う木材が痛みやすくなっています。
そして、住宅の80パーセントは、窯業系サイディングボードを使用しています。
この窯業系サイディングボードは、主成分がセメントなので、防水性能がありません。
後から塗装を行い、防水性能を後から付けているのですが、5年から7年で切れてしまいます。

他の外壁材も、同じぐらいの年数で切れてしまうので、10年に1度外壁塗装を行うのが良いです。
この防水性能が切れると、外壁材に雨や太陽光が当たり、住宅の劣化につながってしまいます。
外壁塗装を行うことにより、雨風や紫外線から守り、住宅の耐久性を高められます。

□外壁塗装の時期を短くしないようにする方法

外壁塗装を行う時期が短くなると、コストが多くかかることになります。
短くしないためのポイントは、大きく分けて2つあります。

1つ目は、住宅に合った塗料を選ぶことです。
住宅や外壁材の環境に合った塗料を選ぶことで、外壁塗装の時期を維持できます。

塗料は、適している下地に塗装することが重要です。
適していない下地に塗装をしてしまうと、耐久性が落ちたり、本来持つ機能を発揮できなくなるので注意しましょう。
色あせがしやすい場合は、ラジカル制御タイプの塗料を使うことで、塗装の時期を延ばせます。
また、住宅の外壁が汚れやすい場合は、防汚性の高い塗料を選ぶことで、外壁塗装の時期を延ばせます。

2つ目は、定期的にメンテナンスを行うことです。
外壁を定期的にメンテナンスすることで、劣化する速度が落ち、外壁塗装の時期を維持できます。
部分的に補修をしたり、掃除したりすることで、住宅の見栄えや、耐久性を保てます。
定期的にメンテナンスをして、外壁の耐久性が維持できるようにしましょう。

□外壁塗装と季節の相性

外壁塗装はどの季節でも行えますが、季節や気候によっては、振り回されることがあります。
外壁塗装に使われている塗料は、使用する条件さえ満たしていれば、問題なく使えますし、時期によって耐久性が変わることはありません。

しかし、地域によって気候が異なり、場合によっては、塗装のタイミングが限られることもあるので注意しましょう。
各季節ごとの相性について見ていきます。

*春との相性

気候が安定しているので、外壁塗装を行うベストシーズンになります。
湿度も低いため、塗料が乾きやすくとても相性が良いです。

*梅雨との相性

雨が多い梅雨に工事はできないと、思う方も多いでしょう。
確かに雨の日は、外壁塗装はできず、何日も続くと、工期も長引きます。
他のシーズンより、外壁塗装を行う日は限られてはいますが、雨が降っていなければ、梅雨の時期でも外壁塗装を行えます。

ただし、雨が降っていなくても、湿度が85パーセント以上あると、塗料が使えないので注意しましょう。

*夏との相性

夏は、気温が高く、塗料の乾きが早いため、塗装するときの伸びがよく、作業がはかどります。
しかし、気温が高く作業する環境が過酷なため、塗装作業を一時的に止める場合もあります。
また、養生している間は、窓は開けられず、エアコンも覆われていて使えないので、事前にどのようにして過ごすのか話し合っておく必要があります。

*秋との相性

秋は、空気が乾燥していて、塗料の乾きも早いので、春と同様ベストシーズンです。
しかし、秋は台風も来るため、時期によっては工期が伸びる可能性もあるので注意しましょう。

*冬との相性

冬は、空気が乾燥しているので塗料が定着しやすくなります。
また、外壁塗装を行う際に、窓を閉めていても問題がない点が冬ならではのメリットです。
しかし、他の季節と比べて、日照時間が短く、気温や雪の影響などにより、外壁塗装を行える時間が短くなってしまいます。
また、積雪量が多い北海道や東北地方は、外壁塗装自体を行わないこともあります。

□まとめ

外壁塗装を行うタイミングは、窯業系サイディングボードや他の外壁材の防水性能の関係上、10年に1度行うといいでしょう。
外壁塗装の時期を短くしないようにするためには、住宅に合った塗料選びと定期的なメンテナンスを行うことが大切です。
外壁塗装でお困りの方は、是非当社にご相談ください。

人気記事

お問い合わせはお気軽に!
ご都合にあわせてお問い合わせ方法をお選びください。

メールの方はこちら