神戸市北区、神戸市西区、宝塚市の外壁塗装・屋根塗装ならプロタイムズ有馬店におまかせください!

スタッフブログ ゆずログ

外壁塗装をしないとどうなる?塗装の必要がない家の特徴もご紹介します!

外壁塗装をしないとどうなるのか、知らない方も多いのではないでしょうか。
今回は、外壁塗装をしないことで起きる症状について紹介していきます。
また、塗装をする目的、外壁塗装の必要がない家の特徴についても紹介するので、是非参考にしてみてください。

□外壁塗装をしないことで起きる症状とは?

外壁塗装をしないことで起きる症状は、大きく分けて5つあります。

1つ目は、害虫が侵入してくることです。
外壁塗装を行わないと、害虫が侵入しやすくなり、ひびが入っている外壁から害虫が入り込んでしまいます。
室内に害虫を侵入させないためにも、適切なタイミングで外壁塗装を行うことが大切です。

2つ目は、雨漏りです。
外壁塗装をしないことで、雨漏りになる可能性が高くなります。
雨漏りになってから外壁塗装にしても遅いので、雨漏りする前に外壁塗装を行っておきましょう。

3つ目は、家の見栄えが悪くなることです。
外観が悪化し、外壁にひびが入っていたら見栄えが悪くなります。
また、近所からも外観が悪化しているのに、放置すると怪しまれる可能性もあります。
見栄え良く、快適に生活をするためにも、塗装を行うことが大切になってきます。

4つ目は、家の寿命が短くなることです。
外壁塗装を長い期間行わないと、家の寿命が短くなり、雨や風にさらされ続けられることで、建て直しまでの年数が短くなります。
建て直しをすると、外壁塗装よりも費用が高くなるので、早めに外壁塗装を行った方が良いでしょう。

5つ目は、隙間風ができ、室内の温度が低くなることです。
外壁塗装を行わずに、外壁が劣化すると、隙間風ができます。
夏は、問題ないかもしれませんが、冬になると、外の風が入り室内の温度が低下するので、エアコンに使うコストが高くなります。

□外壁塗装の目的

そもそも外壁塗装を行う目的が何かについて紹介します。
外壁塗装を行う目的は、大きく分けて5つあります。

*外観を綺麗にする

1つ目は、外観を綺麗にすることです。
外壁に汚れやひびができていると、見栄えが悪くなりますよね。
外壁の変色や、雨による汚れ、ペンキのはがれなどを塗装することで綺麗にできます。

*デザインの変更

2つ目は、デザインを変更することです。
今と同じ外壁の色にもできるし、今までの色とは違う色にもできます。
色を変えることで、家の雰囲気やデザインを変えられます。
また、外壁の色は、1色ではなく、2色にもできるので、お洒落に仕上げられます。

*外壁の表面を保護する

3つ目は、外壁の表面を保護することです。
元々、外壁の表面を保護していたコーティングも、10年経つと、劣化してしまいます。
見た目に変化が無い場合でも、塗料自体の寿命は短くなっています。

また、劣化が進みコーディングが無くなると、外壁素材に太陽光や、雨が直接当たって剥がれや割れの原因にもなります。
そうならないためにも、外壁塗装は必要になります。

*劣化した部分の補修

4つ目は、劣化した部分の補修です。
劣化した部分を補修しなければ、塗料を塗っても意味がありません。
劣化した部分を見つけ、損傷を止めることが外壁塗装の重要な課題になります。
外壁塗装の前に行い、外壁素材の損傷や劣化が進んでいる所を見つけて、手遅れになる前に適切な処置を取ることが大切です。

*機能付き塗料を取り入れる

5つ目は、機能付き塗料を追加することです。
塗料の中にも、機能がついているものもあり、代表的な例を挙げると、遮熱塗料や、断熱塗料があります。
他にも、光を反射させ、室内より明るくできる塗料や、屋根の雪が滑りやすくなる塗料、磁石が付くようになる塗料、黒板塗料などがあります。

□外壁塗装の必要がない家の特徴をご紹介!

家の外壁材によっては、外壁塗装の必要がない場合もあります。
外壁塗装が必要ない家の特徴は、大きく分けて3つあります。

1つ目は、外壁がタイルの家です。
タイルは、耐用年数が30年もあり、外壁塗装をしてしまうと、塗膜が劣化し、見栄えに影響が出ます。

2つ目は、外壁がレンガの家です。
レンガの場合、タイルよりも耐用年数が長く、中には50年以上もつこともあります。
塗装を行うと、10年から15年ごとに塗り替えることになるので、塗装をする必要はないです。

3つ目は、サイディング外壁にして8年以内の外壁です。
サイディング外壁は、張り替えてから10年は塗り替えなくても大丈夫です。
剥がれや色あせなど、塗装が劣化していなければ、外壁塗装をする必要はありません。

しかし、木質系のサイディングは、劣化しやすく、10年以内に塗り替える必要があるので注意しましょう。
また、目地に使用しているシーリングは8年から10年で劣化するので補修しなければいけません。

□まとめ

外壁塗装を行わないと、害虫の侵入や、雨漏り、家の見栄えや、寿命が短くなるなど様々な悪影響が出てきます。
そうならないためにも、適切なタイミングで外壁塗装を行うことが大切です。
外壁塗装をお考えの方は、是非当社にご相談ください。

人気記事

お問い合わせはお気軽に!
ご都合にあわせてお問い合わせ方法をお選びください。

メールの方はこちら